小谷建築設計事務所

KOTANI  ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE
 

| HOME | 仕 事 | 長原の家I邸 |

長原の家I邸

2014.4


 外壁がガルバリュウム鋼板張りの箱形の家が欲しいとのご要望で計画は
スタートしました。既存の立派な庭を生かす方向で建物を配置をしており
春には美しい梅が咲き、新旧そして自然と人工の対比が清々しく綺麗です。
シンプルな外見通り、軽い建物荷重と合理的な形状で、メンテナンスしや
すく優れた耐震をもった建物としています。

 また間取りは、将来ご両親が生活しやすい様に、玄関付近に寝室を配し
直接部屋から利用できる広く介護しやすいWCを設けています。

協力施工店-有限会社小谷建設

北側外観北側外観 既存の庭を再利用

北東外観北東側外観 ガルバニュウム鋼板の外壁

北側玄関外観北側玄関外観

北東外観北東外観 駐車場より玄関へ

リビングダイニングリビングダイニング 

和室和室

リビング 南面リビング 南面

玄関玄関


大切にしていること

 あえて庇を設けています。箱形の家はサイコロのような庇の無い建物
が多く、実際デザイン的にもシンプルで容易にバランスが取れます。
しかし、外壁の汚れや防水性を考えると少しでも取る事が耐久性上は重
用であり、当事務所は優先順位が高いと考えています。