小谷建築設計事務所

KOTANI  ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE
 

| HOME | 仕 事 | N邸リフォーム工事 |

N邸リフォーム工事

2013.1


 昭和40〜60年代に沢山建てられ、現在も紀の川沿いの町に数多く残っている
鉄筋コンクリート造住宅のリビング・ダイニング廻りの大規模改修工事です。

 重厚な外観に合わせ、クラシカルで落ち着いた内装デザインにしています。
バリアフリー化、水廻り(キッチン.お風呂)の入れ替えの他、現在の新築住宅の
性能に匹敵する断熱工事を行っています。

協力施工店-有限会社小谷建設

居間居間正面

居間居間側面

光格子光格子 階段吹き抜けからの夕日

玄関玄関

大切にしていること


この形式の住宅は、重厚な外観を持つ反面、天井/壁/床/共に十分な断熱が
されておらず、夏暑く冬寒いとの評価があり、鉄筋コンクリート造が非常に高
価になったこともあり、殆どた建てられなくなりました。

 しかし現在の技術を使えば、快適でかつ最大のメリットである耐火性の良い
住宅を建てることができます、また現在残っているこれらの住宅を快適にすご
せるようリフォームすることも有意義なことだと考えています。