小谷建築設計事務所

KOTANI  ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE
 

| HOME | 仕 事 | 猪垣の家O邸 |

猪垣のO邸

2006.04

若いご夫婦の新居です。
建物に興味を持たれているご夫婦で、平面計画の骨格や外壁に木材を使
うことは施主自らの提案によるものです。居間の吹き抜けや無垢材の床
板など豊かな空間の反面、メンテナンスに手間取る空間も快くご理解し
て頂き楽しく仕事をさせて頂きました。

IMG_5917H.JPG正面外観 桧とガルバ鋼板の外壁

IMG_5909H.JPGアプローチ 施工後一年の状態

IMG_4727H.JPG夜間外観 

IMG_5895H.JPGリビング シオジ材の階段

IMG_4523H.JPGダイニング 奥さん希望の対面型キッチン

IMG_4633H.JPGリビング 床はパインのムク材

IMG_5897H.JPGリビング 上部はキャットウォーク

IMG_4626H.JPG2階階段 リビングを見下ろす

IMG_4693H.JPG夜間リビング 

IMG_4505H.JPG和室 天井は杉板白身材

大切にしていること

空間的に豊かであることは、ご依頼主が設計事務所に仕事を依頼をする
理由の一つだと思います。しかし当事務所の建物は一件普通の形をして
いることが少なくありません。これは地域の自然や風土に根ざした空間
にこそ本当の豊かさが宿ると考えているからです。
またドラマに出てくるようなオシャレな空間を望んでいても、実際は頻
繁にメンテナンスが必要であったり、高額な光熱費がかかる建物は通常
は許容できません。当事務所はデメリットも説明し、ご依頼主に納得し
て頂いた上でご希望を取り入れています。