小谷建築設計事務所

KOTANI  ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE
 

| HOME | 仕 事 | 弘西の家S邸 |

弘西の家S邸

2010.12


土地選びより参加させて頂き、紀伊駅近くにテニスコートが入るような広い
敷地に設計させて頂く事になりました。

陽当たりそして眺望も良い敷地ですので、変にひねった特徴的な建物でなく
素直で合理的な住みやすい家を目指しています。

南側に陽当たり良さをいかした居室を配置し、道路のある北側に玄関や洗面
お風呂等の水周りを配置していますが、道路側もスッキリと生活感の出ない
ように設計をしており、存在感のある大きな茶色の塗壁で個性を演出してい
ます。

内部は無垢の木材でナチュラルな仕上となっています、桧の大きな大黒柱を
あえて見せることで構造の確かさを表現し、リビングダイニングの奥行き感
を出しています。当事務所の定番である、布クロスと相まってやさしい落ち
着いた空間となっています。

*当住宅は平成22年木のいえ整備促進事業から100万円の補助金を受けています*

協力施工店-有限会社小谷建設

北側外観北側外観 茶色の壁は塗り壁(ジョリパット)

夜景夜景

外部玄関外部玄関 内部は杉板鎧張り

ダイニング南側外観 長い庇で夏の日差しをカット

リビングリビング 左奥はパソコンコーナー

リビングリビング 左は可動式の棚

リビングリビング 奥の3枚引き戸で畳コーナーと間仕切り可能

畳コーナー畳コーナー お子さんの小さいうちは寝室として利用

内部玄関内部玄関 格子でリビングから光を導入

階段階段 明るく白基調

棟上げの様子棟上げの様子 柱-桧 梁-米松

パースパース 

大切にしていること

耐震性を大事にしています。

耐震の為このような事をしていますと、多くの工務店や設計事務所がピーア
ールしています。たしかに何もしてしていないよりは良いでしょうが、実際
どの位の性能なのかを客観的に示す必要があると、私は考えています。

イメージでは無く、公的な数値で示すのが明確であり、それらが性能のすべ
てではありませんが、一つの大きな指標であることは間違いありません。

当事務所の住宅は、最高等級である耐震等級3をクリアできる性能を標準と
しています。
(簡単の言えば建築基準法の1.5倍の耐震性能を有する建物、詳しく言えば
耐力壁が1.5倍あるという単純なものでなく、各所が所定の性能を発揮する
ように精密に検討されている建物)

また当事務所は、デザインだけに偏らず性能的にも優れたバランスの良い
建物を信条としており、当住宅も数々の特典がある長期優良住宅の認定を
受けております。