小谷建築設計事務所

KOTANI  ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE
 

| HOME | 仕 事 | 豊田の家I邸 |

豊田の家I邸

2009.3

「定年後の人生を田舎で暮らそう」と考えられるご夫婦の家です。
以前ご依頼いただいた母屋の増築工事(離れ)として計画し、主に居間としての
利用を考えています。
ご依頼主のご要望で、深い庇と濡縁を持った広い縁側持っています、抜群の
陽当たりを生かしたくつろぎスペースです。
また屋根の瓦棒葺きは、将来の太陽電池の設置を前提に設計されています。

正面外観正面外観

外観遠景外観遠景

洋室 和室方向洋室 和室方向

洋室 縁側方向洋室 縁側方向

洋室 間仕切時洋室 間仕切時

洋室 クローク側 洋室 クローク側

和室 縁側方向和室 縁側方向

和室 間仕切時和室 間仕切時

大切にしていること

このような小さい規模の建物(30坪以下)特有の悩みとしては、
坪単価(約3.3㎡当たりの費用)が高くなる傾向がある事です。
場合によっては、同じ仕様の家でも坪単価が大きく上昇します。

予算上、建具に既成品引き戸や、外壁にサイディングを使用して
いますが、ムク材の建具や化粧梁を調和させ違和感なく仕上げて
います。

構造的性能は、どの坪単価の家でも同等の耐久性と耐震性(建築
基準法の1.5倍)で考えており、サイディングにはどんな場合で
も高耐久シーリングを使うなど普遍のポリシーで望んでいます。