小谷建築設計事務所

KOTANI  ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE
 

| HOME | 仕 事 | 東大井の家N邸 |

東大井の家N邸

2009.3


「大きな吹き抜けやワンルーム」より「メンテナンスしやすい長持ちする家」
と依頼を受けた分譲地内の一軒家です。

比較的広い敷地を生かし、南からの日照を年中受けられるオーソドックスな
レイアウトとなっています。南側に長い庇を設けており、雨の振り込みや夏
の直射日光を避けるようなっています。
また外壁には、性能(耐火/断熱/耐久性)は良いのですがデザイン性の劣る
パワーボードを使用して「パワーボードでもカッコよく」をテーマにデザイ
ンしています。

「過ぎたるは、及ばざるが如し」設計者のエゴを捨て、ご依頼者を含くんだ
世間一般的な価値観を、いつも念頭に置いて設計しています。

協力施工店-(有)小谷建設

南側外観南側外観 茶色は天然系塗壁

西面外観西面外観  白はパワーボード

ダイニングダイニング 明るい室内

居間居間 隠れ家的雰囲気

ダイニングよりの夜景ダイニングよりの夜景

和室和室 モダンな意匠

縁側縁側 ウッドデッキ

夜景夜景 

骨組質実剛健な骨組み

IMG_1351.JPG

大切にしていること

N邸は一見すると普通の住宅です。
切り妻の屋根で、外壁にパワーボードを貼った、よく見かける住宅です。

価格的には大手有名ハウスメーカーとローコストメーカーとの中間に位置し
ていますが、見た目は同じでも実際は、建売系の住宅とは全くちがう性能、
そして品を持った住宅です。

目立つデザインや特殊な間取りをしていませんが、きちんと設計そして監理
されている住宅です。(信頼のおける住宅を建てる、この当たり前の事が実
際は行われていないのが現状です。コストの問題、職業倫理の低下、技術的
に未熟な設計者や工務店の存在、大手メーカーと言えども実際の工事は地元
の下請会社であり、隅々まで目が届いていると言い難い状況です)

当事務所は地元に根差して、今日世間から無くなりつつある「信用と信頼」
で認知される設計事務所を目指しています。